ワーママりえの課題解決したい!

日々の生活に出てくる課題解決について考えるブログです。

今年の保活〜認証保育園から認可保育園へ〜

週末はよく寝ました。
土曜日に家族で外食して、話題に上ったのは保活のこと。

f:id:diet-19kg:20170923182645p:plain

現在通っている保育園は2歳児クラスまでなので、在園できるのは来年の3月まで。
平成30年度は新しい保育先を見つける必要があります。

認証から認可に移りたい

今は認証保育園に在園していますが、次は認可保育園に移ろうと思っています。
通園できる距離の認証保育園で、小学校入学まで預かってくれるところが、ほぼないからです。
保育料も今より下がる見込みで、金銭的な負担が減るのも魅力的です。

認証から認可に移るときに気になるところ

認証保育園の場合

認証保育所は保護者と保育園との直契約で、今通っているところは申請が早い順に、
入園資格がもらえました。
保育日数と時間の契約に基いて預かってくれ、親の勤務先や連絡先は聞かれますが、
勤務時間などは契約と連動しません。
働いていなくても、休職中でも入園の契約が出来れば、契約の時間で預かってもらえます。

認可保育園の場合

認可保育園に入園するには、自治体に「保育を必要としています」と認定してもらう必要があります。
住んでいる自治体は様々な条件に対して点数付けをされ、保育基準の数字が出ます。
この数字が高い方から優先して保育園の入園が決まります。

保育基準には勤務時間も関係する

今は2時間の時短勤務をしています。
2歳児までは、最大2時間の時短勤務は「フルタイム」としてカウントされるルールでしたが、
3歳児からは2時間の時短は時短している分、点数が下がります。

自治体のサイトでは、認可保育園の最低指数が公表されています。
その保育園の○歳児クラスに内定した児童の保育指数が最低何点必要だったか、ということです。
候補の園の最低指数は両親共にフルタイムで、一定期間外部で保育サービスを受けている点数でした。

願書を出す前にやるべきこと

ということは、4月から時短勤務をやめてフルタイムでないと待機児童になる可能性があります。
会社と交渉してフルタイム勤務が出来るように調整する必要があります。

フルタイムになるということは、預ける時間も延びるということ。
フルタイムで働くために早い時間から預けて、遅い時間まで預かってもらえる園のみを候補に入れる必要があります。
雨の日も雪の日も通園が必要なので、悪天候でも通える距離の保育園を探す予定です。

万が一、待機児童になった時のことも考えなければなりません。
待機児童になった場合は休職、もしくは退職になる可能性があります。
社内とお客様へ根回しをして、退職は回避できるようにしたいです。
可能なら待機児童になったタイミングで、在宅勤務が出来ればいいなと思っています。

このようなことを夫に話したところ、「そんなに大変だとは・・・」と絶句していました。
私は復職するとき、認証保育園に入れたとき、と節目節目で3歳の壁を意識していたので、
温度差を感じました。復職するときの保活もほぼ1人でしていたので、まぁいいのですが。

もしかしたら来年度は制度が変わるかもしれないので、申請書をダウンロードで済ませず、
有給をとって、役所の窓口で質問してみようと思います。

うぅ、憂鬱だ。